名刺の役割とは

名刺の役割は、渡した相手に自分のことを覚えて貰い、用件があればその名刺か記録から連絡を頂くことにあります。ビジネスなどの商取引では必須のアイテムであり、誰でも常時携帯しています。

縦型名刺と横型名刺の違い

スタイリッシュな縦型名刺

一昔前は縦型名刺がほとんどでした。受け渡しする際に縦のまま渡せて、漢字の文字がそのままで読みやすいスマートさが長所であり、縦型名刺のこうしたスタイリッシュさが好まれたわけです。

自由なレイアウトの横型名刺

インターネットが普及すると、メールアドレスやホームページのURLなどを記入する必要に迫られ、アルファベットが読みやすい横型が増えました。また、横型はレイアウトの自由度が高いのも特徴です。

相手の印象に残る名刺を作成しよう

印象的な名刺は、「定形外のサイズで作成する」、「変わった素材(プラスチックカードや木製など)で名刺を作成する」、「カラー印刷」、「SNSページの案内も入れておく」などインパクトのあるものです。ただし、注意点があるのでそれは把握しておきましょう。名刺作成時の注意点として、「自分の個人情報を最初に明確に決めておく」、「乗せる情報を詰め込み過ぎず適度に余白を残す」、「読みやすい文字サイズに」、「自分や会社のイメージにマッチしたデザインに」などが挙げられます。

印刷業者が提供している印刷サービス

print

テンプレートを利用した定型印刷

価格が最も安くて納期も非常に速いのが定型印刷です。好みのテンプレートから一つを選び、載せる文字情報などを登録し、紙の色や紙質、印刷枚数を選択すればすぐに出来上がります。最もポピュラーな印刷サービスです。

インパクトのある定形外印刷

通常サイズとは異なるサイズ印刷、2つ折り・3つ折り・4つ折り印刷、金箔を押し込んだ印刷フルカラーの写真入り名刺印刷サービスもあり、また用紙自体もクラフト素材、プラスティックカード、木製素材なども利用可能な業者があります。

デザイン性の高い特殊印刷

一般的な名刺とは異なり、注目されやすいデザイン名刺を印刷する業者も増えてきました。有名なデザイナーがデザインした背景に文字情報などを印刷してくれます。また費用は高くなりますが、あなただけのオリジナルデザインの名刺だって作れます、

ビジネスに使える名刺印刷や冊子印刷

印刷業者を利用するのは、個人より企業が多いです。特殊な印刷をしてくれるのも理由ですが、名刺印刷などをしてくれるのも大きいでしょう。診察カードなどを作る目的でプラスチックカードを依頼する人もいますが、名刺印刷や冊子印刷も依頼が多い人気のサービスです。

名刺業者へ依頼する時の流れ【基本の流れをチェック】

カード

印刷業者に名刺作成を依頼する時の流れ

名刺印刷業者に登録をして、種類やサイズ、部数や納期、用紙や支払い方法を選択します。また、素材を選びプラスチックカードのように仕上げるのかも決めるでしょう。その次にデータの入稿へと進みます。定型テンプレートを利用する場合は、入稿時にどのデザインにするか選んでおいて、記載するする文字データを入力し最終確認をします。依頼する場合、データのミスがないように注意しましょう。凝ったデザインの場合は、業者との細かい相談になります。

デザイン制作

名刺作成の費用相場

名刺作成費用は、印刷料、デザイン料、用紙代の合計になります。一般的な印刷料は、モノクロ片面100枚で約千円が相場で、印刷枚数を増やせば1枚あたりの単価は下がります。デザイン料は種類や内容により異なり、定型テンプレートに文字を流すだけなら無料です。デザインまで依頼すると、シンプルなモノなら3千円〜5千円、凝った名刺なら3万円〜5万円になることもあります。

広告募集中